トップページ > ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

平成26年度生徒募集 学校見学会、入試説明会 2013/07/22

今年も平成26年度入学生対象の学校見学、入試説明会を本校で年4回実施します。
第1回目: 8月24日(土)
第2回目:11月10日(日)
第3回目:12月 1日(日)
第4回目:12月21日(土)

【時間】午前10時~
【場所】本校会議室
【内容】教育方針とその内容、入試概要、施設設備見学、入試相談コーナー等
【申込方法】各中学校を通じてFAXでお願いします。また、申込がない場合で、当日対応させて頂きますので、遠慮なくご参加ください。

平成25年度 夏季進学補習について 2013/07/22

平成25年度夏季進学補習が2回に分けて実施されます。
1回目は7/23(火)から7/31(水)、2回目は8/23(金)から8/30(金)で実施します。対象生徒は全学年の進学クラス、特進クラス、普通クラスの希望生徒です。又、特進クラスについては、午後から本校の特徴であるサテライン(映像による受験指導)による受験指導を実施します。

平成25年度水泳大会 2013/07/12

今年は非常に暑く、熱中症が心配されましたが、時々、雲で太陽が隠れる為、絶好の水泳日和でした。男子は屋外プール、女子は屋内プールと分かれ、クラス代表生徒が各種目50メートル、200メートルリレーを行いました。泳がない生徒も、クラス代表生徒に熱いエールを送っていました。
1位の生徒、クラスは終業式で表彰披露されました。

平成25年度第55回生入学式・対面式 2013/04/10

平成25年4月9日(火)本校体育館で、第55回生入学式・対面式を実施しました。週末の雨の影響で校門前の桜も散る可能性もありましたが散ることもなく、さらに晴天にも恵まれ、新入生306名を迎え入れることができました。入学式では新入生代表生徒の力強い誓いの言葉があり、これからしっかりと勉学、部活動等で活躍してくれると感じました。この子達が3年後どのような顔をして卒業式を向かえるのか楽しみです。
対面式では、生徒会副会長と新入生代表がステージの上で堅い握手を交わし、全学年で本校を盛り上げていくことを確認しました。
平日にも関わらず多くの保護者の方々にご出席して頂き、盛大な入学式・対面式を挙行できました事を改めて、感謝申し上げます。

第4回学校見学・入試説明会実施 2012/12/25

12/22(土)に本校で第4回学校見学・入試説明会を実施しました。
ご参加頂いた保護者・生徒数は106名でした。
初めに学校長より挨拶をさせて頂き、本校の魅力について話をしました。次に生徒募集担当の牛尾(知)がスライドによる学校説明、前川教頭から入試説明をしました。校内施設見学は各班に分かれそれぞれの担当者が説明を交えながら案内をしました。その後、本校の食堂でうどん、そばを無料で提供し試食後、会を終了しました。
お寒い中、ご参加頂いた生徒、保護者の皆様ありがとうございました。
今年度の全体会は終了となりました。たくさんのご参加頂きありがとうございました。
これからさらに寒さを増すと思いますが、体調管理には十分気を付けて頂き、受験に備え、力が発揮できるよう頑張ってください。4月に桜が咲くよう願っています。
1月以降の学校見学、入試説明は個別対応させて頂きますので、本校へお越しになる前にご連絡頂ければと思います。

第3回学校見学・入試説明会実施 2012/12/10

12/2(日)に本校で第3回学校見学・入試説明会を実施しました。
ご参加頂いた保護者・生徒数は58名でした。
初めに学校長より挨拶をさせて頂き、本校の魅力について話をしました。次に生徒募集担当の牛尾(知)がスライドによる学校説明、前川教頭から入試説明をしました。校内施設見学は各班に分かれそれぞれの担当者が説明を交えながら案内をしました。その後、本校の食堂でうどん、そばを無料で提供し試食後、会を終了しました。
ご参加頂いた生徒、保護者の皆様ありがとうございました。
今年度の全体会は12月22日(土)で終了となります。詳しくはHPをご覧頂ければと思います。たくさんのご参加をお待ちしています。
1月以降の学校見学、入試説明は個別対応させて頂きますので、本校へお越しになる前にご連絡頂ければと思います。

平成24年度 文化祭 2012/11/22

11/21、22(水・木)の2日間、第52回文化祭を実施しました。初日は全学年が体育館に集まり、学校長と佐々木生徒会長、清水副会長の挨拶で始まりました。次に「夢をかなえるゾウ」の映画鑑賞をしました。そしてクラス、部活動等で校内に模擬店を出しそれぞれ生徒達にアピールしていました。
2日目も初めは体育館に全学年が集まり、ブラスバンド部の演奏でスタートしました。今年のブラスバンド部の演出は映像を取り入れ、壮大なスケール感を目で楽しませてくれ、誰もが知っている演奏で耳を楽しませてくれました。その後、模擬店等で自由な時間を過ごしました。午後は、体育館でギター同好会の演奏、教員も特別参加し、会場は盛り上がっていました。

第2回学校見学・入試説明会実施 2012/11/11

11/11(日)に本校で第2回学校見学・入試説明会を実施しました。
ご参加頂いた保護者・生徒数は58名でした。
初めに学校長より挨拶をさせて頂き、本校の魅力について話をしました。次に生徒募集担当の牛尾(知)がスライドによる学校説明、前川教頭から入試説明をしました。校内施設見学は各班に分かれそれぞれの担当者が説明を交えながら案内をしました。その後、本校の食堂でうどん、そばを無料で提供し試食後、会を終了しました。
雨の中、ご参加頂いた生徒、保護者の皆様ありがとうございました。
今後は12月に2回実施します。詳しくはHPをご覧頂ければと思います。
たくさんのご参加をお待ちしています。

平成24年度 秋季育友会総会・クラス懇談会実施 2012/11/07

11月6日(火)秋季育友会総会を本校会議室で14時から実施しました。この日は「青年期から大人へ」という演題で講演会を実施し、保護者の皆様に高校生を迎えた年齢の子供に対しての接し方の話しを聞いていただきました。その後、第2回代議員会を実施し、希望者はクラス懇談会も実施しました。
お寒い中又多忙の中での大勢のご参加ありがとうございました。

2学年 修学旅行実施報告 2012/11/07

10月30日(火)~11月2日(金)の3泊4日間の沖縄修学旅行を実施しました。初日の朝は本校から伊丹空港までバスで移動し、沖縄行きの飛行機に乗り午後に那覇空港に着きました。各クラスでバスに乗り、ひめゆりの塔、平和祈念公園「平和の礎」を見学し、平和学習を実施しました。沖縄の悲惨な歴史を実際見た生徒たちは改めて戦争の怖さ、命の尊さを感じられたと思います。また平和祈念公園では平和の礎に花を献花し当時亡くなられた人々に黙祷を捧げ、清掃活動も実施しました。2日目は日本最大の水族館である美ら海水族館、お昼はバーべキューを食べ、午後からはA・B班に分かれ、万座毛、琉球村に行き、沖縄の文化の歴史を見ることができました。3日目もA・B班と分かれ、むら咲むらでものづくり体験をし、沖縄伝統菓子を作ったり、シーサーに色付けをしたり、自分が選択した体験を楽しんでいました。選択者によっては、マリンスポーツ体験を実施し、兵庫県ではなかなか見られない透き通ったマリンブルーを見ることができ、色鮮やかな魚たちも見ることができました。4日目の最終日は、午前に首里城に行きました。今ではなかなか見ることのない2千円札に描かれている建物で、世界遺産にもなっています。しかし世界遺産の部分は城壁の30㎝の石壁であとはそれを元に復元されている為、世界遺産ではないそうです。(ちょとした豆知識でした。)午後は国際通りに行き、生徒たちは班別自由行動を満喫していました。その後、那覇空港に向かい、無事伊丹空港に着き、バスで姫路まで戻ってきました。生徒にとって高校3年間のメインイベントといってもよい行事を無事誰一人けがをすることもなく、帰って来れたことは非常に良かったですし、たくさんの思い出ができたと思います。
お世話になりました旅行業者の皆様、バスの乗務員の方、ガイドさん、各ホテルや現地の方々に改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。

平成25年度 生徒募集説明会 2012/10/09

10/5(金)本校会議室で中学校教員対象の生徒募集説明会を実施しました。20校の先生方にお越し頂きました。
始めに本校校長挨拶があり、生徒募集担当の牛尾(知)が学校案内をスライドショーで行い、生徒募集説明は前川教頭が行い1時間程度で終了しました。
ご参加頂いた先生方、ありがとうございました。
今年度は10月から各地域に足を運び、生徒募集説明をさせて頂き、11月以降も実施予定です。

平成24年度 体育大会 2012/09/27

9/26(水)に平成24年度体育大会を実施しました。
天候も絶好の体育大会日和で生徒達も楽しく、一生懸命、各競技を行っていました。特に部活動対抗リレーはそれぞれのユニホームを着て、各部活のプライドを持って代表者が走っていました。又、各学年でクラス対抗競技があり、クラス一致団結で優勝を目指していました。最後には全学年の女子によるダンスもあり、無事終了となりました。
平日にも関わらず、たくさんの保護者の皆様、来賓の皆様には改めて熱いご声援をいただきありがとうございました。

平成25年度入試説明会 ※塾関係者対象 2012/09/10

9/8(土)に本校会議室で塾関係者対象の入試説明会を実施しました。姫路・加古川・加東市方面の塾関係者に参加していただきました。本校の生徒募集担当である牛尾(知)が近況報告、学校説明、平成25年度入試について説明をしました。
最後に質疑応答の時間を設けた際、たくさんの質問をしていただきました。ご来校された関係者の皆様ありがとうございました。

「校長室からのちょっといい話」朝礼NO.2 2012/09/08

皆さん、こんにちは。市川高校の校長石田です。本校の朝礼でお話しした中で「ええ話やな~」と思ってもらえるような内容をホームページをご覧の皆様にお伝えしたいと思います。今回(朝礼NO.2)は主に参考文献・・・・「私が一番受けたココロの授業」(比日井和孝、美恵著)ごま書房新社から引用した内容の話です。

(朝礼NO.2)私の皆さんに対する最終的な願いは一つです。それは、皆さんに幸せな人生を歩んでほしいという事です。

さて、前回山口県の松下村塾の吉田松陰先生の話をしました。「自分が何のため生まれてきたか」ということを知るためには毎日の生活の中でやるべきことを真剣に取り組むと自然にわかってくるという話しをしました。皆さんがやるべき大切なことが3つあります。それは、「挨拶」「掃除」「素直」の3つです。今日は挨拶について話します。皆さんに「挨拶をしましよう」と言いますと、最初はよくしてくれますが、だんだんしなくなる人が多いんです。一般的に見ても小学校低学年の頃は、本当に元気な挨拶をしています。ところが、中学、高校とだんだん挨拶ができなくなる人が多くなります。これは、なぜなんでしょうか。たぶん「恥ずかしい」とか「めんどくさい」とか思うんでしょうね。部活動の人はどうでしょうか。本校では、立ち止まって一礼をして相手の顔を見て大きな声で実にりっぱな挨拶をしてくれます。しかし、これでも十分とは言えないんです。何が足らないと思いますか?それは、挨拶をすることよりも、挨拶の意味を良く知ったうえで「挨拶って大切なんだよなー」と思う心で挨拶をすることが大切なんです。私も経験がありますが、中学生になって部活動に入ってまず、教えてもらうのが、「先輩にきちんと大きな声で挨拶をしなさい」と言われます。それまで、そのような事をしていなかったので、時々忘れると、先輩から注意をされることもありました。しかし、その時なぜ挨拶が大切か、その理由をきちんと教えてもらった人は、ほとんどいないと思います。つまり挨拶のやり方を教えてもらっただけで「挨拶の心」を教えてもらってないんです。それでは、挨拶とは、どんな意味があるのか説明します。「挨拶とは、相手に対して心を開くこと」なんです。逆に挨拶をしないということは、相手に対し心を閉ざしているということなんです。ですから、挨拶は、幸せな人生を送るためには、やるべき大切な事なんです。
 こんな話があります。経営コンサルトの方から聞いた話です。経営コンサルトというのは、「こうやれば売上げが上がる」「こうやれば会社がうまくいく」というやり方を会社にアドバイスするんですが、ある会社にアドバイスすると大成功するのに、同じようなことを別の会社にアドバイスしても全然うまくいかない事があるそうなんです。その違いが挨拶だったんです。大成功するところは、会社の中で、社員同士が気持ちのいい挨拶ができています。うまくいかない所は、挨拶ができていないそうです。気持ちのいい挨拶ができる所は、心を開いて、人の話を聞くことができますから、「なるほど、そうやればいいのか、それなら。そのようにやってみよう」と思うわけです。学校でも同じです。先生方も心を開いてくれる生徒に対しては、何とかしてやりたいと言う気持ちになります。心を開いてくれない生徒に対しては、「何回言ってもわかってもらえないんだったらこれ以上言っても無駄やなあー」と思ってしまいます。
 挨拶する上で大切なポイントを言います。
 まず、自分から挨拶をするということです。自分が心を開かなかったら、周りの人も心を開いてくれません。挨拶をするのが、恥ずかしいという人がいますが、挨拶しない方が恥ずかしいんです。また、挨拶をして相手がしてくれない事もありますが、そんなことは、いちいち気にする必要はありません。「そういう人なんだなあ」とそれ以上考えない事です。「自ら挨拶をする」の次は、気持ちをこめて、大きな声でして下さい。挨拶は、生きていく上で最も大切な事です。私が一番きちんと挨拶をしてほしいのが、家族の人に対してです。家族の人にきちんと挨拶ができる人はどこにいっても通用する人です。逆に学校や部活動で挨拶ができても家族に挨拶ができないような人は、結果は出ません。家の中で「おはようございます」「行ってきます」「ただいま帰りました」食事の時は「いただきます」あとは「ごちそうさまでした」保護者の人が仕事から帰ってきたら「お帰りなさい」寝るときは「おやすみなさい」挨拶というのは、それだけではありません。保護者に何かしてもらったら「ありがとうございます」と言えることも大切です。何かしてもらったらと言いましたが、弁当を作ってくれることに対しても「ありがとうございます」と言えるのが大人の心を持っているという事なんです。家族の人に迷惑をかけたら「ごめんなさい」「申しわけありませんでした」ときちんと言わないといけないんです。家族だからこそ、そういう礼儀を大切にしないといけません。時々、自分の保護者に対し偉そうにいう中学生、高校生を見ますがそんな人はだだをこねている5歳と同じ精神レベルですから、恥ずかしいのをとおり越して悲しくなります。思い当たる人がいれば今日から改めてほしいと思います。きちんとした挨拶は、自分を変えます。自分が変われば幸せな人生を歩めます。最後にもう一度言います。挨拶の意味は、自分の心を開く事です。挨拶のポイントは、自分から心をこめて大きな声ですること、特に家族の人に対し一回でも多く挨拶をするように心掛けて下さい。皆さん挨拶を1回するのに5秒もかかりません。10回しても1分もかからないんです。一日わずか一分間意識するだけで、自分を変えることができます。是非今日から取り組んで下さい。


いかがですか?こういう話を読むとつくづく日常生活における姿勢(気持ち)が大切でその気持ちになれば自身の改善できるところはいくらでもあると感じます。自分が生まれてきた役割を知り努力することが幸せな人々と言えるかもしれませんね。
自分の身辺な人に対する挨拶を今一度、見直し礼節を尽くしてみてはどうでしょうか?

第1回学校見学会実施 2012/08/28

8/25(土)に本校で第1回学校見学会を実施しました。
ご参加頂いた保護者・生徒数は103名となり例年より多く参加して頂きました。
初めに学校長より挨拶をさせて頂き、本校の魅力について話をしました。次に教頭からスライドによる学校説明がありました。校内施設見学は各班に分かれそれぞれの担当者が説明を交えながら案内をしました。その後、本校の食堂でうどん、そばを無料で提供し試食後、会を終了しました。
ご参加頂いた皆さんに大変喜んで頂き、無事終了することができました。ありがとうございました。
今後も学校見学会を実施し、11月には入試相談会も実施します。詳しくはHPをご覧いただければと思います。
たくさんのご参加をお待ちしています。

「校長室からのちょっといい話」朝礼NO.1 2012/08/08

皆さん、こんにちは。市川高校校長の石田です。本校の朝礼でお話しした中で「ええ話やな~」と思ってもらえるような内容を皆様にお伝えします。私の皆様に対する最終的な願いは一つです。それは、皆様に幸せな人生を歩んでほしいという事です。
(朝礼NO.1)
今、3年生の人は、就職と進学の試験に取り組んでいます。ただ、合格さえすれば一生幸せに生きていけるでしょうか。大切なのは、合格した後です。皆さんがそれぞれの進路先で、周りの人から信頼され必要とされ「あの人とだったら一緒に働きたい、勉強したい」と思ってもらえるような人になる事、それが皆さんの幸せだと思います。今日は、2人のお話をします。
まず、1人目は吉田松陰(よしだしょういん)という人です。この人は江戸時代後期の教育者です。今の山口県の「萩」という所で松下村塾(しょうかそんじゅく)という学校を開き、たった1年1ヵ月の間で79名の若者を教えました。後にその生徒の中から明治維新の初代総理大臣伊藤博文、2代目総理大臣山形有朋が出ました。さらに10名以上の大臣も出ました。生徒達は別に優秀な人を集めたわけではありません。そこには農民、商人、武士の子供がそれぞれいました。たった1年1ヵ月教えただけですが、吉田先生は、「自分は何の為に生れてきたのか。」、「自分の生まれてきた役割は何か。」と生徒に問いました。その事に対しこんな質問をする生徒がいました。「吉田先生、生まれてきた役割は何かと言われても私には分かりません。どうすればいいのですか?」これに対し吉田先生は「日常生活の中でやらなければならない事を真剣に心を込めてやりなさい。朝起きたら挨拶をきちんとする、人の話をしっかり聞く、掃除や家の手伝いなど絶対に手を抜かないで、とにかく真剣にやりなさい。そうしたらいつか自分の役割が必ずわかる。」と言ったそうです。つまり、勉強だけではなく日常生活のやるべき事をどれだけやっているか。それが大切だと教えたそうです。
2人目はフランス料理の第一人者と言われた三國清三(みくにきよみ)という人です。三國さんは昭和29年に生まれ、札幌グランドホテルの料理人になり、数年働いただけでそこの花形シェフになりますが、そこに満足することなく目標を高く持ち、日本の頂点を目指し東京に行きました。行った先は日本一の帝国ホテルです。その時の総料理長は村上信夫という人で、フランス料理を作らせたら日本一と言われた人物です。三國さんは当時18歳で最初の日にその村上さんから「鍋でも洗ってもらおうか。」と言われます。三國さんにしてみれば、自分は札幌グランドホテルの人気シェフだったというプライドから「むかっ」としたそうです。しかし、三國さんはすぐに気持ちを切り替えて、「それなら私の鍋洗いを見せてやろう」と思い、磨き上げました。そして翌朝その鍋を調理台の上に並べて置きました。村上さんはそれを見て三國さんに「きれいに洗えたね。」と一言だけでした。三國さんが「今日は何をさせてもらいましょうか。」 と聞いた所、また「そうだなぁ、鍋でも洗ってもらおうか」と言いました。そして、このあと三國さんは2年間ずっと鍋洗いをやらされましたが、三國さんがすごかったのはこの鍋洗いを絶対に手を抜くようなことはしなかったんです。「やれと言われるのなら俺の鍋洗いを見せてやる。」と来る日も来る日も鍋をピカピカに磨き続けました。しかし、2年間もしているとこのままここにいても料理の腕は上がらないと思い、村上さんの所へ行って「やめさせて下さい。」と言おうかと思っていたら、逆に村上さんに呼ばれ、「明日からスイスの日本大使館で料理長をやってもらう」と言われました。日本大使館の料理長と言えば各国の首相、大臣が訪れ夕食会でもてなす大切な役目です。それを2年間鍋洗いばかりしていた20歳の三國さんに決めたので、周りの人は猛反対したそうです。当時、帝国ホテルには料理人が600人もいたそうです。その時村上さんは「鍋洗い一つ見れば、その人の人格がわかる。技術は人格の上に成り立つものだから、三國君だったら間違いない。」と言いきったそうです。村上さんにそれだけのことを言わせる、真剣な鍋洗いだったわけです。このようなことから、普段やらなければいけないことを徹底的に心を込めて真剣にやれば、こういう事につながります。この三國さんはのちに修行を重ね、世界で5本の指に入るフランス料理のシェフとして認められました。皆さんにはここで気が付いてほしいのです。普段やらなければならない勉強、挨拶、掃除、服装をきちんとするというような事を真剣に取り組んでいれば、今3年生が取り組んでいる就職と進学の試験では、必ず評価されます。つまり自分の進路が決まり、生まれてきた役割もわかってきます。皆さんには、こういう話しも参考にして日常生活を送ってほしいと思います。
いかがですか?こういう話を読むとつくづく日常生活における姿勢(気持ち)が大切でその気持ちになれば自身の改善できるところはいくらでもあると感じます。
自分が生まれてきた役割を知り努力することが幸せな人々と言えるかもしれませんね。

参考文献・・・「私が一番受けたいココロの授業」(比日井和孝、比日井美恵)ごま書房新社
                           市川高等学校 校長 石田 俊平

平成24年度 夏季進学補習について 2012/07/23

平成24年度夏季進学補習が2回に分けて実施されます。
1回目は7/24(火)から7/31(火)、2回目は8/23(木)から8/30(木)のそれぞれ一週間です。対象生徒は全学年の進学クラス、特進クラスです。又、特進クラスについては、午後から本校の特徴であるサテライン(映像による受験指導)による受験指導を実施します。

野球部応援のお礼 2012/07/18

7/14(土)明石球場で9時から明石高校と2回戦があり惜しくも負けてしまいました。
対戦相手がシード校でありながら、選手たちは堂々とプレーをすることができました。
これも応援していただいた皆様の熱いご声援があったからこそです。選手たちはその声援で勇気をもらい、最後まで諦めず頑張ることができました。
3年生は引退となりましたが、すでに新チームが始まっています。
今後も熱いご声援を選手たちにお願いします。

第94回全国高校野球選手権兵庫大会 2012/07/13

7/14(土)明石球場で9時から2回戦があります。
対戦相手はシード校の明石高校です。
応援に行く予定の生徒は制服を着て、学生証を持って行きましょう。
また、公共交通機関を使っていく場合には、しっかり市川生徒として恥かしくない行動をとってください。野球部の勝利の為に応援しましょう。

平成24年度水泳大会 2012/07/13

本日、天候の心配がありましたが午前中に水泳大会を実施しました。
男子は屋外プール、女子は屋内プールに分かれて、クラス代表者が各種目50メートル、クラス対抗200メートルリレーを泳ぎました。今回泳がなかった生徒達も真剣な眼差しで、応援をしていました。
結果は終業式の中で表彰されます。
蒸し暑い中でしたが、生徒の皆さんおつかれさまでした。