トップページ > 校長先生のちょっといい話

校長先生のちょっといい話

校長先生のちょっといい話

幸せになっている人の共通点



以前、「与える者は、与えられる」というお話をしましたね。

この意味は、喜びを与える者は、喜びを与えられるということです。

つまり、「人に喜びを与えてください」ということです。

幸せになっている人には、共通点があります。

それは、他人を喜ばせている人だということです。

ところが、何をやってもうまくいかない人は、自分が得をすることしか考えていません。

「いい家に住みたい。」 「人から愛されたい。」 「お金持ちになりたい。」

もし皆さんが幸せになりたいと願うなら、自分のことばかりを考えていてはいけません。

周りに目を向けてみてください。

人を喜ばせると言っても、なにも特別なことをする必要はありません。

自分ができる範囲で充分です。

例えば、朝、自分で起きる。

家族に気持ちのいい挨拶をする。

そんな皆さんの姿勢を見て、家族の人たちはきっと喜んでくれます。

学校ではどうでしょうか。

クラスメイトと仲良くし、困っている人がいれば助けてあげてください。励ましてあげてください。

そんなクラスの雰囲気を見て、先生方はきっと喜んでくれます。

大切なことは、日常生活の中でやるべきことにきちんと取り組むということです。

よく覚えておいてくださいね。

リスト表示に戻る